スケートチップス:究極の自己満足ベアリング
漆(うるし)×スケートボード

スケートチップス:究極の自己満足ベアリング

2018.10.17

こんちわ。ぽてちです。

突然ですがベアリングに求めるものってなんですか?

多分、回転数と耐久性ですよね。値段が安ければ、なお良しって感じでしょうか。

ただ、最近のベアリングはどれも高機能で、おまけにABEC規格外なんてものも増えてきたので、ますますどれ買おうかな〜と迷うことが多くなりました。

そこで、高機能で、耐久性もあり、おまけにオシャレなベアリングなんてものをご紹介。

発売されはじめて結構経ちますが、あまり使っている人を見かけないCORTINA BEARING。

 

spotskateboarding

 

カイル・ウォーカーとかイライジャ・バーレとか、ナケル・スミスがチームにいます。

何がオシャレなのかってコレです。

 

spotskateboarding

 

まるで精密機械のような扱いで収められ、スケートのベアリングとは思えない、この秘密兵器感。ベアリングの他に、ナット、ワッシャー、換えのシールドとシールド交換用の工具が同梱されています。

 

spotskateboarding

 

ウィールからチラっと見えるこのデザインの違い。まさに自己満足!

でもこういうところに遊び心を持たずにはいられないのがスケーターの性ってやつでしょうか。

肝心の性能自体はABEC11を誇り、かなり高性能です。メンテナンスもしやすい事を考えると、意外と大事に、長く使えるかも。

 

このケースを開けた時の新品の香りとキラキラときらめくパーツ達は、まるで自分のためだけに用意されたような感覚に陥ります。

ちょっぴり贅沢なこのベアリング。気になる方は一度使ってみてはいかがでしょう。

#コラム

#スケートチップス

ぽてち

TEXT BY

ぽてち

関連記事