あなたの思い出のスケートビデオを教えてください
漆(うるし)×スケートボード

あなたの思い出のスケートビデオを教えてください

2019.04.08

こんちは。ぽてちです。

みなさんは思い出のスケートビデオってありますか?

最近ではフルレングスのビデオも少なくなって、ましてやネットでの無料配信がほとんどなので、店頭で買うってことがなくなってしまいました。

若いスケーターなんかに聞くと、そのほとんどがスケートビデオを買ったことがないそう……。

先日とあるスケートショップで、棚の隅でホコリをかぶったDVDが1本だけ売られているのを見て何だか寂しくなりました。

と、いうわけで今回はspot出演者達に「あなたの好きなスケートビデオ ベスト3」を聞いてみました。

荒畑“145潤一

spotskateboarding

 

 

「MOUSE」 GIRL

 

相当思い出深いビデオ。
内容も皆さんが知ってのとおり最高だけど、当時コストンやキーナン、ジーノが日々撮影しているのを目の当たりにしてたし、ビデオと現実の世界をあまり遠く感じないのが嬉しいし最高の思い出。

 

Trilogy World Industries / Blind Skateboards

 

初めてアメリカ行く前にゲットしたビデオで、これも思い出深い。

今見てもカリームのパートとか震えるくらいカッコイイ。

Dwindleのいろいろなデッキブランドのライダー達がいっぺんに観れて嬉しい。

ジーノのパートもマジDOPE!

 

WHO?」Arcade

 

海外のデッキブランドのビデオにミニパートだけど参加できた事。
当時のチームメイトのJoey Brezinskiのパートが激ヤバ。

1カ月に渡るArcadeのヨーロッパツアーも撮影、コンテスト、デモと最高だった。

 

 

伊芸“三世”雄一

 

411VM Issue 34  411vm

1位。pat chanitaのパートが好き過ぎて擦り切れるまでみました。

 

「 thrill of it all」 zero

2位。始めてみたビデオです。

 

「411vm Vol.44」 411vm
3位。toshとカオスが好きで良く見てました。

 

 

森岡 正治

 

「NEW WORLD ELEMENT」 ELEMENT

日本のelement teamのパートがあり、berricsを通じて世界配信された作品だから!

 

「far east flow」  ELEMENT
国内初のjapan teamだけでのフルレングス作品であり、自分のカットも含め全てのカットに思い入れがあるため!

 

「STAY GOLD」 EMERICA
全員ヤバすぎて開いた口が塞がらない!かっこいい!

 

 

戸枝 義明

「Modus Operandi」  Transworld

Mike Carrollのパートが激かっこいいから。Marc Johnsonもたまらないです。

 

「Chatty Chatty2」 Chatty

自分にとってこれが原点な感じです。セイショウのパートは永久に最高です。

 

「On video Winter 2004」 On video

Love parkのドキュメント。Josh KalisとStevie Williamsの映像は今でもよく観てます。

 

 

野上“ヴェニス”竜也

spotskateboarding

 

「Questionable」  Plan B

92年、初めてキンクのハンドレールでの50-50を観た。まさに衝撃!

 

「Virtual Reality」  Plan B

翌年93年アメリカへ渡り、La Jollaの映画館で行われた試写会で爆音の中鑑賞した。Sheffyの計らいでWorld industriesの関係者席で観れたからね。隣の席はJeronだったな。衝撃だった。

 

「Tokyo‘95」 NewType

晋のテクニカルと淳のポップにノックアウトされた。 日本が世界レベルと知らしめた作品だと思うよ。影響受けてすぐに秋葉原に行ってライン撮りしたなーw

 

 

清水 潤

 

「TRUE BLUE」 BLUEBERRY、R.M.S

今から22,3年前、僕がほんとにスケートを始めた当初のビデオです。このビデオは、当時の岡山市のチーム、BLUEBERRY、R.M.Sというクルーの合作の作品なのですが、当時スケート始めたてで、岡山の田舎(津山市)に住んでいた僕にとっては衝撃的すぎた一品です。 6段ステアでスイッチトレやカーブでのはめ替えなど、今から20年以上前にしてますから驚きです。中でもExpressionのオッくんこと奥村竜一さん、岡山レジェンドの三秋彰さんは今でも現役バリバリで、真のレペゼン岡山。尊敬の一言です!

 

「Lost & Found」 Blueprin

今はなくなってしまったイギリスを代表するカンパニーであったBlueprintの作品。 中でもPaul Shier、Nick Jensen、Danny Bradyが最高にカッコ良く、このビデオを見てBlueprint のライダーになりたくてアピールしまくりジャパンチームのライダーになりました笑 初のデッキスポンサーということもあり、大きな影響を受けました。

 

「FRONT LINERS」 DORCUS

言わずもがなですが、昨年発売されたレペゼン大阪、ヴェニスさん率いるDORCUS 初のフルレングスのビデオです。 このビデオでパートを作り、自身初のシグネチャーデッキを出すことができたので、一生の思い出となる作品ですね。 スケート始めた時から知ってたヴェニスさんと一緒に活動出来て、日本全国のみならずアメリカでも発売されてるビデオにパートで出演できてほんまに光栄です。 チームに入れた事も、ハット、デッキでシグネチャー出させて頂いている事自体、夢みたいです。感謝しかありませんね!

 

 

……と、まぁ皆さん見事にバラバラです。

スケート始めた年代や、地域、所属しているチームによってその思い入れは様々。

僕も未だに昔のビデオをみて、ノスタルジックに浸るときがあります。

 

あなたにも、思い出のスケートビデオはありますか?

 

#コラム

#スケートチップス

#ヴェニス / VENIX

#戸枝 義明 / Yoshiaki Toeda

#森岡 正治 / Mashashi Morioka

#清水 潤 / Jun Shimizu

ぽてち

TEXT BY

ぽてち

関連記事