SPOT

spot

  • ARTICLE
  • News
  • 2019.05.27

圧倒的。ストリートリーグ初戦はナイジャ。日本からは白井空良が9クラブ!

世界最高峰のスケートコンテストStreet League のワールドツアーがロンドンで開戦。

今回も9クラブ(9ポイント以上の高得点)が乱発するハイレベルな内容の中、またしてもナイジャヒューストン(アメリカ)が優勝。

最終のリザルトと、初出場の白井空良を含めファイナルに駒を進めた8人のスケーターをご紹介。

なお女子はパメラ・ロザ (ブラジル)が優勝。日本からは西村碧莉が5位、中山楓奈は6位に終わった。

 

ファイナルリザルト

 

1.ナイジャ・ヒューストン (36.7pt)

コンテストとストリートの両方で世界一と評され、圧倒的な強さを誇る天才。

 

 

2.グスタヴォ・リベイロ (35.9pt)

最近JARTのプロとしてパートを発表したことでも話題の18歳。

レールでの360インや、フリップアウトなどのテクニカルなトリックで9クラブを連発。

 

 

3.シェーン・オニール (34.8pt)

先日April Skateboardsを立ち上げ、堀米雄斗をチームに迎え入れたシェーンも見事3位に。

 

 

4.ケルヴィン・ホフラー(34.8pt)

SLSやX-gamesでは表彰台の常連で、過去にはスーパークラウンを制したこともあるブラジルの実力派。

 

 

5.マニー・サンティアゴ(32.8pt)

FISE広島や、ARKリーグでも来日し、奇抜な見た目と陽気なキャラクターで人気のマニーは今回も得意もバリアルヒールからのフィーブルを披露。

 

 

6.マット・バージャー(32.3pt)

ケガからカムバックしたカナダ出身でflipのエースは今大会で、完璧なフリップバックテールのビッグスピンアウトを見せつけた。

 

 

7.白井空良(27.8pt)

日本で開催されたDAMN AMで2連覇し、ここ最近勢いにのる白井空良はベストトリックで2発の9クラブを叩き出した。

 

 

8.ルイ・ロペス(22.1pt)

オールラウンドなスキルと、そのスタイルで玄人からの人気が高い、オリンピックアメリカ代表のルイ・ロペスは今大会でも素晴らしいルーティーンを見せた。

 

 

 

  • no img

    TEXT BY

    SPOT編集部

RELATED POSTS