SPOT

spotskateboarding

  • ARTICLE
  • Culture
  • 2019.08.07

HUFがシューズ作るのやめるってよ。

Spotをご覧のスケーターのみなさま、初めまして。Captain Cap Jです。数年前まで海外のスケート記事を翻訳したりするブログをやっておりました。本名で「根っこは何処へ行く」というスケボーと尺八のドキュメンタリー映画を作りました。DVDと書籍発売中です

今回縁あって、Spotで海外スケートトピックを紹介するコラムを始めさせていただくことになりました。よろしくどうぞ。

 

とりあえず最近気になった海外トピックでいうと、HUFがシューズを作るのをやめるって話でしょうか。これあんまり日本だと取り上げられてなさそうなんですが、マジです。

 

HUFはご存知スケート界のレジェンド、キース・ハフナゲルが立ち上げたブランドで、最初はスケートショップから始まり、ブランド化してからスケートシューズにも参入しました。玄人好みのチーム、そして日本だけでも9店舗も旗艦店を構えるなど、かなり人気のはずなんですが、なぜスケートシューズを作るのをやめるのでしょうか?

 

PHOTO jenkemmag

 

JENKEMのインタビューでHUFの創始者であるキース・ハフナゲルが答えてます。それによると、

・HUFは今後アパレルにフォーカスしてブランドとして成長することを目指す

・2019年いっぱいでシューズを終了することをまず社内で発表して、ライダーにも伝えた

・8年シューズを作り続けたが、ずっと同じ場所で停滞している感じだった

・VANS、NIKE、adidasなどとコラボすることもできず、足枷みたいになってきた

・難しい決断だったし、ネット上やDMで「なぜ?」と書かれたが、たぶん書いてる人たちはHUFのシューズを買ったことはないだろう

・今後も時折シューズを出すこともあるかもしれないが、スケートシューズは作らない

・チームについては、今後もアパレルスポンサーとして維持していく

・業界では通常あり得ないことだが、前もってライダーたちに伝えて2019年いっぱいまではサポートを続けることを伝えた

・その間に他のスポンサーが見つかれば、すぐにHUFの契約を破棄できる

 

あとこれ知らなかったんですが、今HUFって2017年から日本の会社(TSIホールディングス)の傘下なんですね。

しかもそのちょい前にはLAKAIがHUFの傘下に入ってたそうです。

 

・TSIの前の親会社(Altamont Capital)のときにLAKAIが傘下に入り、その後2年間運営の手伝いをした

・TSIに買収されたときLAKAIもセットだった

・シューズをやめることについてTSIと会議をして、戦略的に目標を定めた

・シューズ部門はHUF全体の売り上げのほんの一部で、アパレルやアクセサリーを売ることに貢献してもいなかった

というわけで、HUFのシューズ好きだった人は今のうちに好きなモデルを買い置きしておいたほうが良さそうです。

 

自分は過去に2回HUFのシューズを買ったことありますが、ソールは調子よかったけどアッパーがすぐに死ぬ印象でした。Classicとか見た目かっこよかったけど、アッパーだけでなくソールもすぐ死にそうだったんで買わなかったんですが、今後生産されないなら将来プレミアつきそうな気もします。あとディラン・リーダーとオースティン・ジレットのモデルもプレミアついちゃいそうですね。

 

LAKAIはどうなんでしょう。TSIのサイトにはリストされてないです。今は別の親会社がいるのか、それとも再び独立したのか。トニー・ホークも加入したり、イケてる若手も加入したり(若手じゃないけど個人的にヨニー・クルーズがチームに入ったの激アツ)、シューズのデザインもクオリティも良くなってたり、勢いを取り戻してる感じするんで頑張って欲しいです。

あとはオースティン・ジレットやブラッド・クローマーといったHUF所属のライダー達が今後どこに移籍するのかも気になりますね。

 

 

  • CaptainCapJ

    TEXT BY

    Captain Cap J